大学生向けに発信するブログ
cafe ghostの記事

タイピングが遅くて困っている人へ!高速タイピングへの道のり!

こんにちは、cafe ghostです。

突然ですが、タイピングが遅くて困っている方はいませんか?
そんな方向けに、今回はタイピングを早くする方法をご紹介します!

この記事はこんな人におすすめ!

  • タイピングが遅くて課題の進みが悪い大学生
  • タイピングを極めたい人
  • 練習したいけど、方法が分からない人
スポンサーリンク

タイピングが速いことのメリット

まずは、メリットを紹介していきます。

  • 課題や仕事が早く終わる
  • 授業のメモをパソコンでとれる
  • かっこいい

課題や仕事が早く終わる

課題や宿題は、速く打てば、速く終わりますよね。

「速く打てても内容考えれないと意味ないよ」という方もいますよね。
しかし、速く打てるということは、それだけ他のことに回せる時間が増えるということです。

また、内容を速く考えられる人のタイピング速度が上がれば、タイピング中に、次に書く予定の内容を忘れる事を防ぐことができます。

タイピングしていて、”良いアイディアが思いついたけど、いざ書くときになると忘れてしまった”なんて事が起きたら悲しいですよね。

授業のメモをパソコンで取れる

僕が、受けている経済史の授業では、授業後にレポートの提出があるので、内容を忘れるわけにはいきません。
しかし、手で書くと授業についていけなくなるか、汚い文字になってしまうかの二択です。

そこで、パソコンでノートを取ると、速度を上げても字が汚くなる恐れは少ないです。

また、とりあえず書き殴れるのも利点ですね。
改行や綺麗な文章への書き直しは、授業後に適当に出来るので、授業中は、メモを取ることに集中できます。

さらに、パソコンでノートを取ると、レポートを書くときにコピペできます。

例えば、「授業内容を簡潔にまとめて、自分の意見を述べなさい」のようなレポートがあったとしましょう。
ノートにメモをとっていた場合は、ノートの内容を打ち直さなければいけません。
しかし、ワード等でメモをとっていれば、コピペでそのまま使えます。

かっこいい

タイピング速い人ってかっこよくないですか?

男性だろうと女性だろうと高速でカタカタやっていれば
「おー、あの人すごい仕事できそうでカッコいー」となりますよね。

課題とか仕事とかを、何のためにやってるいかわからなくなったら、
周りにカッコつけるためにやってるんだ」と自分に言い聞かせてみてください。
意外と効果があるかもしれませんよ?

タイピング練習の仕方

次はタイピング練習の仕方をご紹介します。
僕もまだまだ練習段階なのですが、そこそこ上達したので、中級くらいまでの練習方法を紹介したいと思います。

上級の方々みたいになるにはどうすればいいんでしょうね…

  • ベネッセタイピングの活用
  • 実践で成長

ベネッセタイピングの活用

まずは、ベネッセタイピングというタイピング練習サイトをお勧めします。
これはウェブで「ベネッセタイピング」と検索すれば出てきて、無料で使えるものです。
以下にリンクを張っておくので、ぜひやってみてください!

ベネッセタイピング

これをお勧めする理由は三つあります。

一つ目は、どの指でどのキーを押せばいいか分かるという点です。

下に表示されている指で、「このキーを押すときはこの指だよ」と教えてくれます。
これが絶対ではありませんが、初心者は従うと良いと思います。
二本指でやるのは限界があるので、早めに全ての指で打つ練習を始めた方が楽です。

二つ目は、点数が出ることです。

下の写真のように「何文字打てて、どのくらいミスタイプがあったか、正タイプ数は何%か」を出してくれるため、目標を立てやすいのが良い所です。
「とりあえず100点を目標にしよう」「100点達成したから、次は文字数1000字を目指そう」という風に数字で見える目標があるといいですね。

三つ目は隙間時間でできることです。
5分でパッとできるので、授業前の暇な時間や、友達を待っている時間でできるのが魅力的です。
2日に1回でも、隙間時間を見つけてコツコツやれば、結構な成長が見込めます。

実践で成長

とはいえ、ベネッセタイピングだけでは限界があります。
まっし社長曰く、
「ベネッセタイピングだと、下にどのキーがどこにあるか表示されるから、それを見てしまう。ワードとか使ってると、どこに何があるか忘れる。」そうです。

その解決方法は、実践をすることです。
実践といっても特別なことをするわけではありません。

大学生ならレポートを書く、社会人なら仕事の文書を作る、高校生以下ならその日の授業の内容をまとめるなどをするだけです。
このとき、頑張ってできるだけキーボードを見ないようにすれば、まっし社長のいっていた問題が解決できます。

ベネッセタイピングだけでは実践的ではなく、実践だけではキーの位置を覚えたりするのが大変すぎるので、両方を交互に行うのがベストですね!

最後に

今回はタイピング練習についてでした。
いかがでしたでしょうか。少しでも参考になっていたら幸いです。

僕は、最近少しタイピングが早くなってきたおかげで、課題がスムーズにできるようになってきて、だいぶストレスが減りました。
速く打てて、ミスタイプも少ない人たちがすごいかっこいいと思うので、これからも練習していきたいと思います。

SNS&合わせて読みたい記事

instagramとTwitterやってます。
記事が投稿されたらこのアカウントで宣伝しているので、フォローよろしくお願いします。

毎日投稿しているので、ぜひ明日も見に来てください。

【努力嫌いでも効果が見込める!】努力の技術こんにちは、cafe ghostです。 今回は、継続できる努力の技術についてご紹介します。 ところで、努力って難しいですよね...

https://myokihissa.com/202/

ABOUT ME
Cafe ghost
cafe ghostです。趣味は読書とゲームです。日々時給〇円でまっし社長のお手伝いをしています。まっし社長とは中学が一緒でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク