大学生向けに発信するブログ
cafe ghostの記事

【努力嫌いでも効果が見込める!】努力の技術

こんにちは、cafe ghostです。

今回は、継続できる努力の技術についてご紹介します。

ところで、努力って難しいですよね。
僕は、コツコツ勉強しようとしても、3日後にはゲームしたりしちゃいます。
しかし僕は、今回紹介する内容で改善することができました!

つまり、サボり癖や努力ができないことは、知識や工夫で改善することができるのです!

この記事はこんな人にオススメ!

  • 何かを頑張ろうとしてもすぐ辞めてしまう人
  • これから何かを始めようとしてる人
  • どうやったら継続できるかわからない人
スポンサーリンク

とりあえず始める

「これから毎日1時間勉強をしよう」と思った時まず何をしますか?

なんの参考書がいいか、どんなふうに勉強すればいいか、他に何を準備しようかを考えた人は気をつけてください。
そのように、状況を完璧にしてからやろうとしていると一生始まりません。
結局、計画倒れになってしまいます。

「毎日1時間勉強する」と決めたら、まずは1時間やってから、その後の計画を立てるなどをした方がいいと思います。
足りない物は、そう思ったときに買うようにしましょう。

比較対象を変える

何かを始めると多くの人が、
「あの人は1ヶ月で成果を出したのに、私は2ヶ月かかってもまだこの程度か」
ということに悩まされると思います。
これは、自分を不幸にした挙句、努力の邪魔をする思考なので、排除するように心がけましょう。

そもそも、人間は他人と自分を比べると不幸になる生き物です。
自分より下を見ると甘えて努力をしなくなり、上を見たら、絶望したり劣等感を抱いたりして、努力しなくなります。

これを防ぐためには、他人と自分を比べるのではなく、過去の自分と今の自分を比べればいいのです。
この時、「前よりはできてるから現状で十分」と考えるのではなく、「前よりできるようになった。もっと頑張ろう」と思うと、モチベーションが上がります。
そして、続けるとまた以前からの進歩が見えるので頑張り続けることができます。

このように、他人と比べるのではなく、過去の自分と比べると、モチベーションアップにつながり、幸福度も上がります。

環境を改善する

自分がする行動に影響を与える環境は二つあります。
一つ目は、勉強机などの行動をする場所で、二つ目は周りの人間関係です。

行動する場所の整理

勉強をしようと思っている机に、ゲーム機と漫画とスマホがあれば、勉強なんてできたもんじゃないですよね?

そこで、まずは整理整頓しなければなりません。
しかし、丁寧に片付けると、片付けが終わった段階で力尽きてしまう恐れがあります。

そこで、とりあえず勉強を始めるために、ダンボールを用意しましょう。
そのダンボールに机の上の邪魔なもの全て入れて、勉強し、終わったら中身を整理しましょう。
初日で終わらなければ、2日目の勉強が終わってからという風に、とりあえず勉強をして、それから片付けをして少しずつ環境を改善していってください。

人間関係を改善

周りが常にゲームしている人ばかりだと勉強できませんよね。
逆に、常に意識を高く持って勉強している人たちと一緒にいると、なんか自分も勉強しなきゃいけない気がしてきませんか?

このように、周りの人は自分の行動に大きな影響を与えます。
そこで、毎日勉強をしたいなら、毎日勉強をしている友達を、
本をたくさん読みたいなら、本をたくさん読んでいる友達を作ると、その行動の成功率が高くなります。

目標を立てて、行動を始めたのになぜかうまくいかないという人は人間関係を見直すと打開策が見えるかもしれません。

時間の使い方を考える

何をやるにしても時間の使い方というのはとても大切です。
でも、気づいたらスマホでネットサーフィンしていて時間がなくなったということ、あると思います。

そこで時間を少しでもうまく使えるようになる工夫を紹介したいと思います。

  • 行動を記録して振り返る
  • 計画は余裕をもって立てる
  • やらない時間を作る

行動を記録して振り返る

まずは、行動の記録、振り返りです。
最初は、大体1週間くらい自分の行動を記録していってください。
適当な紙や手帳に、何時から何時まで何をしたかをざっくり書いていきましょう。

次に、1週間後にその行動を振り返ってみましょう。
振り返った時に、「スマホにこんなに時間を取られてたんだなぁ」とか、「ゲームの時間減らさないとなぁ」と思うだけでは改善しません。

では、どうしたらよいのでしょうか?

答えは、その行動で得た幸福度を5段階評価してみてください。
評価が3以下の行動の時間を減らすようにすると、無駄なことをしているなと感じることが少なくなります。
この時、「10分のネットサーフィン」が無駄だと感じたら、その10分でこれから何をするか決めましょう。
何分あったらこれをやるというふう
に決めていって、無駄な時間を減らしましょう。

計画は余裕を持って立てる

何かを継続しようとしたら、計画を立てるのが普通だと思います。
でも、うまく進めるために立てた予定のせいで、継続できなくなることもあります。
その対策方法を紹介したいと思います!

計画を立てる時、1時間で数学の勉強が終わると思ったら数学の時間は2時間にしておきましょう。
また、2時間で何かが終わると思ったら3・4時間という具合に、想定時間の2倍くらいで日程を作ると計画通りに進みやすくなります。

計画を厳密に立てすぎると、失敗した時に自分に失望してしまい、やる気が減ってしまいます。やる気のコントロールはとても重要な要素です。
多少進みが遅くても、長い目で見たら、コツコツ続ける方が結果に繋がりやすいので、おすすめです。

やらない時間を作る

例えば、寝る前に柔軟をしようと思ったとします。
その時に障害になるものはなんですか?

僕は、動画を見たり、ゲームをしたりしているのが障害になっていました。
柔軟をしようとしてもつい動画を見てしまいます。

そこで、「風呂上がりに柔軟をする」ではなく、「風呂上がりにはスマホを使わない」に目標を変えました。
すると、「暇だから柔軟しようかな」というふうにすることができました。

「この時にこれをする」と決めても、うまくできない時は、何が障害になっているかを考えて、「障害になっていることをしない」と決めてみてください。
意外とうま
く行くかもしれませんよ?

まとめ

僕は、ずっと何かを継続するのが苦手で、勉強の継続ができる人は本当に尊敬しています!

それでも最近は、散歩やブログ作成などを継続できています。
苦手なことでも、知識と工夫で補えるので、皆さんもぜひ色々なことに挑戦してみてください!

SNS&次に読みたい記事

instagramとTwitterやってます。
記事が投稿されたらこのアカウントで宣伝しているので、フォローよろしくお願いします。

まっしの会社instagram

まっしの会社Twitter

https://myokihissa.com/1562/

ABOUT ME
Cafe ghost
cafe ghostです。趣味は読書とゲームです。日々時給〇円でまっし社長のお手伝いをしています。まっし社長とは中学が一緒でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク